ブログ

$logo_alt
2019年08月22日

悪い歯ぎしりから歯を守るには?③

「歯ぎしりをしないぞ」と繰り返し唱え自分に暗示をかけます。簡単なわりに以外に効果があり、歯ぎしりが4割減るという説もあります。 もう一つ重要なのが、生活習慣や癖の改善です。歯ぎしりは、眠りの浅い時に起きやすいので、ぐっす[…]

$logo_alt
2019年08月19日

悪い歯ぎしりから歯を守るには?②

歯を壊す悪い歯ぎしりには早めに対策を取ることが重要。歯ぎしりによる被害を防ぐ歯科治療として、最もポピュラーなのはマウスピースを使う方法です。夜間にマウスピースを装着し、力のかかり方を修正して歯やあごを守ります。また、よい[…]

$logo_alt
2019年08月05日

悪い歯ぎしりから歯を守るには?①

Q 詰め物がよく取れたり被せ物が壊れるのは「歯医者さんの治療が下手なせい」と思っていましたが、もしかして、自分自身が悪い歯ぎしりをしているのかも! 歯を守るにはどうすればいいですか?   A 歯を守る方法は大き[…]

$logo_alt
2019年07月30日

治療したところが傷んだり壊れたり

歯ぎしりの強い力が、治療してある歯にじかにかかると、歯が傷むだけでなく、詰め物が取れる、被せ物が割れる、被せ物のを支える歯が傷むといったトラブルが起きやすくなります。       ■□■□■[…]

$logo_alt
2019年07月26日

悪い歯ぎしりの兆候 チェックリスト

以下のような症状がみられるときは、悪い歯ぎしりをしている可能性があります。 ・詰め物がよく取れる ・朝起きるとあごが痛かったりだるい ・知覚過敏になりやすい ・歯がすり減っていたり、欠けたり割れたりしたことがある ・歯の[…]