歯科麻酔の安全性について

今日は、歯科治療の際に使用する麻酔薬についてお話します。

 

歯科用麻酔は、身体にとって悪いものなのでしょうか?

答えは、NO

通常の治療で用いる局所麻酔薬は、中毒やアレルギーが起こりにくく、安全性は高い

とされています。

 

では、麻酔をした後に、気分が悪くなった方もいらっしゃいますが、それは、麻酔

そのものが身体に悪いわけではありません。

 

麻酔をしたときに、起こるアレルギー反応は「アナフィラキシー」と呼ばれています。

 

しかし、このアナフィラキシーという反応は、麻酔薬の成分であるリドカインでは

極めて起こりにくいと言われています。

では、具合が悪くなる原因はどこにあるのでしょうか?

 

それは、デンタルショックと呼ばれるもので、歯科治療に対する不安や針を刺した時の

痛みによるものであると言われています。

 

症状は、貧血に少し似ていて、めまいや吐き気、冷や汗、意識がなくなるような感じがする

こともあります。

針を刺して、数分以内に起こることが多いようです。通常、症状は数分以内におさまります。

 

当院では、注射をする前に、なるべく痛みが出ないように必ず、表面麻酔のゼリーを塗ってから

麻酔をしております。

 

また、注射の際に、お声がけをするなど患者さんの不安を取り除くように心がけております。

 

歯科麻酔について不安があれば、なんでもお聞きください。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
たけの歯科クリニック
ご予約・お問い合わせ:03-6412-9018
診療時間:月曜日から土曜日
午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:30
休診日:水曜日、日曜日、祝日
(祝日のある水曜日は診療)
アクセス:東京都大田区東海3-2-1大田市場内事務棟2階
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□