知覚過敏でお悩みの方に

冷たいものを食べたり飲んだりすると、歯がシミますか?

 

冷たい水を飲んで歯がしみたことはありますか?また、熱いもの、甘酸っぱいものを口にしたときに、歯がシミることがありますか? 知覚過敏になると、さまざまな食べものや飲みものが歯にシミる痛みを引き起こします。

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変がない場合にみられる症状を言います。

知覚過敏は、歯のエナメル質の内側にある「象牙質」と呼ばれる歯のやわらかい部分の露出が原因で起こります。

健康な歯の表面はエナメル質で覆われ、外側からの刺激を遮断する役割を果たしています。このエナメル質がはがれたり、歯周病や加齢で歯グキが下がったりして象牙質が露出すると、象牙細管という細い管を通じて歯髄に直接刺激が伝わるようになり、シミる不快感や瞬間的な激痛を引き起こします。

 

その誘因として

 

無理なブラッシング

ハミガキの回数が多すぎたり、力を入れすぎたり、また毛先が硬いハブラシを使ったりすると、歯の表面のエナメル質を削り取ってしまう可能性があります。また歯グキが下がる原因にもなり、象牙質の露出が進む場合もあります。

歯周病

歯周病により歯周組織が炎症を起こし、歯グキが退縮して象牙質の表面が露出すると、知覚過敏を引き起こすことがあります。

歯ぎしり

睡眠中に歯ぎしりをしたり、頻繁に歯を噛みしめていたりすると、歯の表面のエナメル質がはがれ、その下にある象牙質が露出する場合があります。

歯グキ後退

歯周病による歯グキの後退の他にも、ハミガキの回数が多すぎたり、力を入れすぎたりすると、歯グキが下がったり後退する場合もあります。

 

しみなくするには?

知覚過敏の治療は原因を出来るだけなくして、刺激を伝えにくくすることです。

軽症から重症まで段階を追って治療が行われます。自己流の歯磨きや歯磨き剤選びが間違っている危険性があります。

当院では、さまざまな治療法をおすすめしております。

なお、歯ぎしりやくいしばりがある方は、それが知覚過敏と関連しているかを歯科医院でみてもらうと良いでしょう。必要に応じて歯ぎしり防止のナイトガードなどを使用します。

 

一度、ご相談ください。

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
たけの歯科クリニック
ご予約・お問い合わせ:03-6412-9018
診療時間:月曜日から土曜日
午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:30
休診日:水曜日、日曜日、祝日
(祝日のある水曜日は診療)
アクセス:東京都大田区東海3-2-1大田市場内事務棟2階
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□