当院での滅菌 オートクレーブについて

当院で滅菌を行う際に使用している、オートクレーブについてです。

 

クラスBオートクレーブ(滅菌器)とは

 クラスBのオートクレーブは、ヨーロッパ基準で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。従来の歯科で使用されているオートクレーブと較べてより厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格に準じ、歯科で使用可能なコンパクトなサイズに変更したものが「LISA」です。

 オートクレーブは、上からクラスB、クラスS、クラスNにクラス分けがされています。
現状では多くの歯科医院に導入されているオートクレーブは、「クラスN」のものです。当院が導入しているクラスBのオートクレーブは、滅菌における作業の工程や手順がきちんと行われているかをチェックする計器を用いて、 適切な滅菌が行われたかを検証しています。

 つまり、中が空洞になっているような歯科用機器でも、中までしっかり・確実に滅菌出来るわけです。
反面で、今までのクラスNのオートクレーブでは中まで確実に滅菌できている保証がないということになります。見た目は清潔でも細菌やウイルスが死滅できていない歯科用機器を使用されたら、水などと一緒にお口に中に菌が入ってくる可能性があると言うわけです。そう考えると非常に恐ろしいことです。

 たけの歯科クリニックでは、安全で、安心な歯科治療を受けていただくために最も安全性の高いオートクレーブを導入しています。

 オートクレーブのクラス分けについて

オートクレーブは次の3つのクラスに分類されます。

クラスN
 包装がされていない固形器具のみ滅菌が可能。滅菌後はすぐに使用(保管は不可)。袋詰めされた器具や複雑な構造をもった器具の滅菌を100%行うことはできません。(いまだに多くの歯科医院がこのタイプのオートクレーブを使用)
 
 クラスS
メーカーが指定した特定の器具の滅菌に使用することが可能。
 
 クラスB
大型滅菌器の規格に準拠。すべての種類の器具を滅菌することが可能。
(患者様のために感染・予防・安全をしっかり考えた歯科医院で使用。今後このクラスのオートクレーブが世界基準になると言われています。)

 

 

たけの歯科クリニックで導入しているのはクラスBのオートクレーブです。

 私たち医療機関に従事する者の責任として、大切な患者様のお身体をお守りする事は非常に大切なことと考えております。安全な医療の根本が感染の管理であるという観点から、患者様に安心して治療を受けて頂ける環境をお作りしています。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
たけの歯科クリニック
ご予約・お問い合わせ:03-6412-9018
診療時間:月曜日から土曜日
午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:30
休診日:水曜日、日曜日、祝日
(祝日のある水曜日は診療)
アクセス:東京都大田区東海3-2-1大田市場内事務棟2階
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□