悪い歯ぎしりから歯を守るには?②

歯を壊す悪い歯ぎしりには早めに対策を取ることが重要。歯ぎしりによる被害を防ぐ歯科治療として、最もポピュラーなのはマウスピースを使う方法です。夜間にマウスピースを装着し、力のかかり方を修正して歯やあごを守ります。また、よいかみ合わせをつくる矯正治療は、悪い歯ぎしりをよい歯ぎしりへと変える根本的な改善策です。

こうした治療と同時に重要なのが、歯ぎしりを起こす要因を減らすこと。ただし、忙しい現代人に「ストレスを減らせ」と言っても、現実的ではありませんよね。そこで、よく用いられているのが、就寝前のイメージトレーニングです。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
たけの歯科クリニック
ご予約・お問い合わせ:03-6412-9018
診療時間:月曜日から土曜日
午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:30
休診日:水曜日、日曜日、祝日
(祝日のある水曜日は診療)
アクセス:東京都大田区東海3-2-1大田市場内事務棟2階
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□