良い歯ぎしり 悪い歯ぎしり いったいどこが違う?②

歯ぎしり本来の機能であるストレス発散ができ、なおかつ歯もそれほど傷まないのが「良い歯ぎしり」。歯を傷めてしまうのは「悪い歯ぎしり」です。「よい歯ぎしり」と「悪い歯ぎしり」の違い、それはかみ合わせにあります。良いかみ合わせで、上の歯と下の歯がうまくかみ合っている方は、歯ぎしりをしようとすると長くとがった上下の犬歯が歯ぎしりの力を受け止めてくれます。歯ぎしりの力を、長くて丈夫な歯根をもつ犬歯が引き受けてくれれば、ほかの歯にはほとんど負担がかからずにすむのです。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
たけの歯科クリニック
ご予約・お問い合わせ:03-6412-9018
診療時間:月曜日から土曜日
午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:30
休診日:水曜日、日曜日、祝日
(祝日のある水曜日は診療)
アクセス:東京都大田区東海3-2-1大田市場内事務棟2階
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□